Quickstart : セッションビューへサンプルのロード

Quickstart : セッションビューへサンプルのロード

Ableton Liveを初めて操作する人向けに基本操作を簡単に紹介します。
まずはAbleton Liveの顔であるセッションビューの基本操作を説明しましょう。

最初にOne Shotサンプルをセッションビューにロードする方法を説明します。次にループサンプルをセッションビューにロードする方法を説明します。


Step 1 セッションビューを開く

 

Ableton Liveを起動もしくはメニューから新規を選択するとセッションビューが開きます。デフォルトでAudio トラックとMIDI トラックが1つずつ表示されます。


Step 2 –One Shot サンプルをセッションビューへロード

 

それではスネアの音をセッションビューにロードして鳴らしてみましょう。

画面の左側にあるFile Browserのアイコンをクリックしましょう。

Ableton Liveのライブラリが確認できない場合は、File Browserのライトグレーの箇所をクリックしプルダウンメニューからライブラリを選択します。

ライブラリの中のSamplesフォルダを開きます。小さい矢印のアイコンをクリックするとフォルダが展開されます。Samplesの中にComponents、Loops、Waveformsという名前のフォルダが確認できると思います。

“Waveforms” -> “Drums” -> “Snare”とフォルダを展開させていきます。Snareフォルダの中にはSnareの音のサンプルが入っています。Snare-AmbientLoudPunch-Stick-Hit-Hard.aifを選択してみましょう。ファイルをクリックするか ファイルを選択後にの アイコンをクリックすると音がプレビュー再生されます。

 

それでは選択したSnareのSampleをセッションビューへロードしましょう。セッションビューのAudio トラックのスロットへドロップアンドドラッグすると音がロードされます。

ロードしたサンプルがクリップとして表示されました。それではクリップのプレイボタンをクリックしてみましょう。Snareの音が再生されます。停止する場合はトランスポートパネルの停止ボタンをクリックしてください。


Step 3 – オーディオループをセッションビューへロード

 

次にオーディオループをセッションビューのクリップにロードして作業を開始する方法を説明します。

まず、先ほどクリップにロードしたSnareサンプルを削除します。クリップスロットをクリックしてキーボードのデリートボタンを押します。

Ableton LiveのFile Browserからオーディオループを選択します。フォルダは左側の矢印のアイコンをクリックすると開閉できます。Lessons” -> “Samples”フォルダを開いてみましょう。たくさんのオーディオファイルが確認できます。

オーディオファイルを選択してクリップにロードする前にBPMについて説明します。Ableton LiveのBPMの初期設定はです。BPMは画面の左上に表示されています。

それではFile Browserから Hiphop.wavを選択してクリップにドラッグしてみましょう。オーディオループがクリップにロードされました。

それではBPMを確認してください。自動的に120から95へ変更されています。One Shopサンプルの場合はクリップに音をロードしてもBPMの変更はありませんでしたが、ドラムループの場合はBPMを自動的に算出しAbleton LiveのBPMを自動的にあわせてくれます。

BPMは最初にオーディオループをロードしたときだけ自動的に変更されます。次に他のループをロードした場合はBPM95のままです。ただしBPMは手動で変更するこができます。

クリップスロットのプレイボタンをクリックするとクリップストップかトランスポートパネルのストップボタンをクリックするまでループが再生されます。

 

クリックストップをクリックした場合は、そのクリップだけ音の再生が停止します。

全てのクリップをストップしたい場合はトランスポートパネルのストップボタンをクリックしてください。

 


Step 4 – 複数のオーディオループ

さらにオーディオループを追加してみましょう。

File Browserの“Lessons” -> “Samples”から Synth.wavを選択しましょう。ファイルをダブルクリックするとSynth.wavという名前のクリップスロットが新しいAudio トラックに自動的に作成されます。これで2つのオーディオループを2つのAudioトラック作成することができました。

Audioトラックの間にあるMIDIトラックを削除しましょう。削除したいMIDIトラックの上の部分(2 MIDI)をクリックしてキーボードのデリートキーを押します。

それぞれのクリップのプレイボタンをクリックしてみましょう。それぞれ同じタイミングでループ再生されます。2つ目のクリップがすぐに再生されなくても次の小節の頭で再生が始まります。小節の設定はAbleton LiveのQuantization Menuから変更できます。

Quantization MenuでNoneを選択し、クリップのプレイボタンをクリックしてみましょう。先ほどとは違った興味深い形で2つのループがレイヤーされて再生されると思います。None以外にもいろいろな設定を試してみて最適なループを探ってみましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントする