Basic Tutorial : サイドチェイン コンプレッション

Basic Tutorial : サイドチェイン コンプレッション

Ableton Liveでのサイドチェインコンプレッションの設定方法を説明します。現在のダンスミュージックのプロダクションではサイドチェインコンプレッションによるパンプアップされたサウンドは欠かせません。シンプルなリズムとベースによるトラックでもベースサウンドにサイドチェインコンプレションを行うだけでパンチのあるサウンドに早変わりします。

Ableton Liveのコンプレッサーはサイドチェインの設定が簡単にできます。ぜひマスターしましょう。

まずは、リズムループとベースループとFXサウンドをサイドチェインコンプレッションをせずにミックスしたサウンドです。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

平面的でノリがなく一体感がありません。

それではまずはベースループをサイドチェインコンプレッションを設定し次にFXサウンドにもサイドチェインコンプレションをかけてみましょう。


Step 1- サイドチェインコンプレションの処理の仕組み

 

サイドチェインコンプレションの仕組みを簡単に説明するとコンプレッサーにサイドチェインでトリガー音が再生されたタイミングで音量が低下します。トリガー音が鳴らない状態では音量が戻ります。

4つ打ちのKickドラムの音をトリガーとして使用すれば、Kickドラムが鳴ったタイミングでサイドチェインコンプレションしたベースの音量が一時的に下がり、それ以外はコンプレッサーで音量が圧縮されているのでベースの音も前にでます。また独特なノリが生まれます。


Step 2-トリガー用のサウンドの準備

 

セッションビューにはリズムループ、ベースループ、FXサウンドがそれぞれクリップとしてAudio Trackにロードされています。ライブラリブラウザーよりInstruments > Drum Rack > KickからKick606を選択し新しいAudio Trackとしてドラッグします。

ここで選択するサウンドはKickドラムの音がいいでしょう。ただし、あくまでサイドチェインコンプレッションのトリガーとして使うだけで、実際の音はミュートします。

次にトリガー音を4つ打ちで打ち込みます。

その後ミキサー上でこのトリガー用のトラックをミュートします。


Step 3 –サイドチェインコンプレッションの設定

 

それではベースループにサイドチェインコンプレションの設定を行いましょう。ライブラリブラウザーのAudio EffectsよりCompressorを選択してベースループのAudio Trackにドラッグします。

次にをクリックします。すると左側に新たにパネルが展開されます。

Sidechainのボタンをクリックしてアクティヴにします。またAudio FromのプルダウンからStep2で設定したトリガー用のトラックを選択します。

Thresholdは深めに設定します。そのほうがSidechainの設定では効果的です。Attack,Release,Ratio,Outputはお好みで調整しましょう。ユニークなサウンドになるように色々と試してみる事をおすすめします。

サイドチェインコンプレッション無しのベースループ

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

コンプレッサーがかかっていないので音が小さく聴こえます。

サイドチェインコンプレションをしたベールループ

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

コンプレッサーで音が圧縮して音量が大きくなり、同時にサイドチェインで4つ打ちのタイミングで音量が一時的に低くなりうねりが生じています。

では、ドラムループとミックスしてみましょう。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

 


Step 4 –FXサウンドへサイトチェインコンプレション

 

次にFXの音にサイドチェインコンプレションを設定します。FXのAudio TrackにライブラリブラウザーからCompressorをドラッグします。Sidechainの設定方法はStep3と同じです。

 

サイドチェインコンプレション無しのFXサウンド

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

サイドチェインコンプレションをしたFXサウンド

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Threshholdを深めに設定しているのでサイドチェイ ンの効果がわかりやすいと思います。

 

リズムにサイドチェインコンプレッションをしたベースとFXをミックスしたサウンド

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

一体感が生まれるとともにグルーブも強調されました。

 


Step 5 –最後に

 

サイドチェインコンプレションコンプレッションはダンスミュージックでは定番のテクニックです。ベースやFXだけではなくシンセサウンドやVoiceサウンドにも効果的です。

現在のダウンミュージックのプロダクションではほぼ100%サイドチェインコンプレションが使用されています。Ableton Liveはサイドチェインの設定が簡単に行えます。またCompressor以外にもGateなどサイドチェインの設定ができるエフェクトがあります。積極的に音楽制作に取り入れるといいでしょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントする